自律神経を向上させる高濃度水素発生装置


いま水素が健康に大きく役立つことがわかってきています。まずは、なぜ水素が健康に大きく寄与するのか、その理由から説明していくことにしましょう。多くの病気にはいわゆる”活性酸素”が関わっていますが、水素はその活性酸素を減らし、病気の予防や改善などにとても大きな可能性があることが多くの論文や臨床でも実証されているのです。

水素(hydorogen)とは

皆さんの周りで、水素を摂取するのに最も身近なものは、水素水でしょうか。水素ガス(水素分子)を含む水のことです。(水素分子が水に溶けて水素イオンになることはありません。また水素分子が直接phに影響することもありません。)
現在は、水素ガスを高圧・バブル化して、水に溶存させたタイプと、水を電気分解させて水素分子を発生させて作る水素水のふたつのタイプがあります。
さて、そもそもその水素とは何なのでしょうか。
【水素原子(H)2つが結合して安定した水素分子(H2)。水素ガスのこと。あらゆる物質のなかでもっとも小さく軽くて拡散性がある。ペットボトルやガラスビンなども簡単に通過してしまうほど小さい。常温では無色、無臭。味もしない。宇宙で最初に作られた物質。”燃えやすい”イメージもありますが、すぐに拡散され。4%以上の濃度にならなければ燃えない。】

老化と悪玉活性酸素の関係

私たちの身体が約60兆個の細胞から成り立っていることはよく知られています。人間も含めほ ぼすべての生物が生きていくためにはエネルギーを生み出す必要があり、そのエネルギーを作る工場が細胞の中にあるミトコンドリアです。呼吸で得た酸素の9 割をミトコンドリアで代謝して私たちは生きています。ところがこの大切なエネルギーを生み出す過程で、副産物として”活性酸素”が生まれてしまうのです。

この活性酸素のうち、老化の原因となる”悪玉活性酸素”=ヒドロキシルラジカルの害を低減し、細胞や体をいかに若く元気に保つか――その答えが水素なので す。これまでに水素の研究は急速に進み、抗酸化作用以外にも抗炎症作用やアレルギーを防ぐ効果、代謝を活発にする効果など、身体に良い多くの作用があると いう新事実が次々わかってきました。

さて、このミトコンドリアですが、食事で得た「糖分」と呼吸によって得た「酸素」を反応させ、生きるためのエネルギーを日々生み出しています。この時に副 産物として生まれてしまうのが活性酸素で、なんと体内の90%の活性酸素がミトコンドリアから生成されています。そしてミトコンドリアが生み出した活性酸 素のなかで問題となるのが、酸化力の強い”悪玉活性酸素”=ヒドロキシルラジカルです。これが体をサビつかせ、老化やさまざまな病気の引き金になることが 近年の研究で明らかになってきました。

悪玉活性酸素/ヒドロキシルラジカルは酸化力が強く体中をサビつかせます。細胞やDNA、ミトコンドリア自身も傷つけてしまいます。ミトコンドリアが弱れ ば、それが原因でまた余分な悪玉活性酸素が生み出されてしまいます。悪玉活性酸素によって細胞が弱ってくると、どんどん体の調子が悪くなり、老化、体のト ラブルなどの原因になります。ここで水素の登場です。水素には、都合のよいことに、この悪玉活性酸素/ヒドロキシルラジカルだけを選択的択的に除去する働 きがあるのです。

水素は体の中で悪玉活性酸素と反応して水になってしまいます。つまり無害物質になるわけです。トラブルを引き起こす原因である悪玉活性酸素を減らすことが できれば、細胞レベルで元気になれば、若々しい身体、健康を保つことができるのです。いま水素が大いに注目されているのは、こうした体の仕組みと深い関係があるのです。

活性酸素にもある善玉と悪玉

私たちの体は体外から異物や毒が入ってきた時に免疫機能が働きます。この体を守る免疫システ ムに欠かせないのが実は、活性酸素なのです。たとえばウィルスやバクテリアが身体に侵入した時は白血球が活性酸素をつかい戦います。また、がん細胞を攻撃 することで最近有名になったNK細胞も活性酸素を利用しています。

つまり、人間が”健康”に生きていくには活性酸素は、不可欠な存在でもあるのです。抗酸化作用だけを追い求めて日々を過ごせば当然、体の免疫力は下がってしまいます。

一方、日々のストレスなどでミトコンドリアの負担が大きくなると、酸化力がとても強い悪玉活性酸素/ヒドロキシルラジカルが作られてしまうのです。この悪 玉活性酸素が細胞、DNAやミトコンドリアを酸化させ、老化や病気の原因、体に負の影響をもたらします。最近の研究では動脈硬化、糖尿病、白内障、アルツ ハイマー病、パーキンソン病といった老化・加齢に伴う病気、病態の大きな原因がこの悪玉活性酸素にあると考えられています。

悪玉活性酸素除去にもってこいの水素

水素の還元力はとても弱いのですが、逆にそのために大切な善玉活性酸素とは反応せず、酸化力 が強い悪玉活性酸素にだけ反応することになります。つまり身体に良いものはそのまま、悪いものだけ無くす、というわけです。前述したように、悪玉活性酸素 は水素と反応し、水になって無害化されます。

さらに水素がいま注目されるもう1つの理由が、体の隅々にまで届くことです。水素には優れた拡散性があり、水にも油にも溶けるという非常に珍しい性質があ ります。水素はあらゆる物質の中で最も小さく、実際の大きさは、直径0.001ミリと言われるミトコンドリアのわずか1万分の1なのです。

私たちの身体の細胞のひとつひとつは、油の膜と水でできており、大切なDNA、つまり体の設計図を守っています。さらに、水にも油にも溶ける水素は細胞内 にまで浸透し、悪玉活性酸素からDNAを守ることが出来るのです。例えば、体外からの異物侵入を脳関門で防いでいる脳ですが、水素はこの脳関門すら簡単に 通り抜けて悪玉活性酸素から体を守ってくれるのです。

lhg-image00

LHG水素発生装置

LHG水素酸素発生装置は、株式会社レガルシィが研究開発に10年をかけた秀逸な装置です。体内で発生した活性酸素を還元作用で水に変えて排出させます。もちろん、悪玉活性酸素にしか反応しません。そして副作用がないことも医学的に証明されています。

まず、水素水との比較ですが、LHGの新型Lタイプの発生する水素酸素を直接10分吸入することで、水素水258ℓ分に相当するのです。つまり、水素水を摂るより遥かに効果的だということです。LHGの水素酸素発生装置の水素濃度はなんと633,000ppm。
国内で開発された水素発生器の中ではダントツの数字です。また水素を発生させるのと同時に、水素水も生成するので、出来たての水素水を吸入のあとに摂ることができるのです。まさに一石二鳥の優れモノなのです。

水の電気分解は電解液(電解質水溶液)に電気を流すことにより起きる電気化学反応です。陽極(+)では水酸イオンOHが反応、電子を放出して水素イオンHと酸素分子 O2 が発生します。陰極(-)では水素イオンH+が反応、電子を受け取って水素分子 H2 が発生します。この様に水が電気によって水素と酸素に分解され、気体(ガス)として取り出され環境に優しいクリーンな水素を利用することになります。

電解液の中では、水(H₂O)は、水素イオン(H⁺)と水酸化イオン(OH⁻)に分離しています。

lhg_cf01

この電解液の中に入れられた電極に電圧をかけると、陰極(-)では水素イオンに電子が与えられ、還元が起こり、水素が発生します。

lhg_cf02

また、陽極(+)では、水酸化イオンから電子が奪われ、酸化が起こり、酸素と水が生成されます。

lhg_cf03

電解液の電解質は電気を流し易くし、水の電気分解を促進する役割をしています。全体としては水(H2O)だけが分解によりガスとなって消費され、電解質は分解されることなく残りますから、燃料は水と言うことになります。

このように、水の電気分解では、水に電圧を加える事で、水素と酸素に分解していますが、燃料電池はその逆で、水素と酸素を反応させ、その過程で電力を発生させています。

 

こうした水素発生の原理をもとに、LHGの水素酸素発生装置では、水素酸素発生用専用水を用いて安心、安全に水素酸素を生成します(また、飲料用の水は通常の飲料用ミネラルウォーターなどで構いません)。まず発生した高濃度水素酸素を直接吸入した後、その過程で生成される出来たての水素水を飲むことができます。この水素水の生成は、バブリング方式で、電極を直接飲み水に浸けない方法を採用しているので不必要なエレメントが入る心配がなく、安心してお飲みいただけます。

さらに、LHGの水素酸素発生装置では、アクティブコントロールを開発採用している点が画期的です。これは、電流と電圧をリニアにコントロールして、常に最適な量の水素酸素混合気体を発生させることを可能にしています。また、原水にパルス電極板により高電圧、高パルスを与えることにより期待の発生効率を高めています。このパルスを与えることにより、通常の水素(H)ではない「水素酸素混合ガス」の発生に対する研究が進んできています。LHGの高濃度水素発生装置が他よりも高い療法結果を出すのもその辺りにさらなる秘密が隠されているのかもしれません。この水素酸素の研究はいま急速に進んでおり、LHGのデバイスが水素療法に革命的な進展をもたらす可能性大なのです。

こうした優れたデバイスの開発促進によって、今後多くのアスリートのコンディショニングにも水素療法は導入されることになるでしょう。

 

明らかになった自律神経を向上させる効果

水素吸入前後での自律神経測定結果

水素吸入前後での自律神経測定結果(Bicom社インナーバランススキャナーにて測定)

自律神経は、循環器、消火器、呼吸器など人間の活動を調整するために常に働いている神経です。身体の活動が活発になる交感神経と、安静時に活発になる副交感神経から成り、両者がバランスの取れた状態であることが健康な状態です。

自律神経のバランスが乱れると、血流が悪くなり、便秘、冷え性、不眠症などの症状をはじめ、免疫力も低下します。自律神経のバランスを整えることが、アスリートにとって最大のコンディショニングに繋がることは私が常々言ってきていることです。

自律神経のバランスを測る装置であるBiocom社の「インナーバランススキャナー」は非常に優れたデバイスで、旧ソ連が宇宙飛行士や軍人の自律神経機能を測定するために開発したシステムなのですが、この装置で水素を吸引する前と後での自律神経の状態を測ってみました。測定方法は簡単です。

パソコンにソフトウエアをインストールして、センサーを耳たぶに付けて、測定時間は約5分。グラフで分かりやすく、自律神経の状態を表示してくれます。

さて、水素吸引の前後の自律神経の状態はどうなったか――なんと、明らかに水素吸引後の自律神経のバランスに向上が見られたのです。格闘家のダニロ・ザノリニなど、プロスポーツ選手たちに行なった治験でも自律神経向上の結果が出ています。
これは水素療法の新たな効果として今後、大きく注目される結果となりました。

 

臨床試験でも水素の力を立証

このLHG水素酸素発生装置を用いた臨床試験が、株式会社エバンス(大阪大学発バイオベンチャー)近藤礎医学博士の元で行われました。
被験者39名に水素酸素ガスを1日1時間2ヶ月続けて吸入させてみたところ、予想通り、その有効性が明らかになりました。LDL・HDLコレステロール値、中性脂肪、動脈硬化指数、糖尿病の指標であるHbA1c値、空腹時血糖値の全てにおいて、2ヶ月後には数値の 有意な改善が認められました。

つまり水素吸入が医学的にも、酸化ストレスが関与する疾病や老化に対し有効性を発揮することが示唆されたのです。今後被験者数を拡大し、さらな る研究が進められます。

 

さらに広がる水素療法の可能性

二日酔い、便秘、ダイエット、肩こり、糖尿病、糖尿合併症、がん、心筋梗塞、アンチエイジン グ、パーキンソン病、花粉症(アレルギー性鼻炎)など、様々な健康障害に対する有効性が明らかになっている水素療法は、今後、さらなる期待をもって社会に 受け入れられていくことは間違いありません。水素水でも、水素吸引でも、またもっと身近にリラックスして水素と触れられる水素入浴剤など、まずは皆さんも 水素の力に触れてみてください。その威力をきっと実感されるでしょう。

水素発生装置に関するお問合せ

株式会社LHG Japan
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-2-1 恵比寿マンション510号
TEL:03-3320-0533
ホームページURL:http://lhg.jp/

 

※水素吸引システムに関しまして 弊社はLHG Japan社が唯一の提携企業で他社とは一切関与しておりません。水素吸引システムに関しまして誇大な表現を行い販売を行う団体や法人もありますのでご注意ください。水素吸引システムは疾患治療の目的や改善効果などを謳って販売することは薬事法違反になります。弊社の名称、HPの無断転載・引用、弊社代表の名称や実績などを騙って水素販売システムを行っている団体がありましたら直ちにご連絡いただけますようお願い申し上げます。